水虫患者の方のためのフットケア

水虫患者の方、特に糖尿病患者の方は真菌感染症にかかりやすく、
治療せずに放置すると、より重篤な足の障害につながります。

糖尿病患者の方のための特別なケア

糖尿病患者の方の場合、きちんとした足のケアが重要で、日課にする必要があります。

水虫の真実

糖尿病と付き合うことは、大変なことです。加えて水虫を放置すると、更にやっかいな事態を招きかねません。
水虫や足のその他の障害の予防のために、情報を集めて実行してください。

水虫は糖尿病患者の方によく見られますが、ラミシールクリーム®やラミシール液®のような抗真菌薬で治療することができます。

水虫に感染すると皮膚が乾燥し、ひび割れが生じます。そのため、糖尿病患者の方は蜂巣炎、細菌感染、潰瘍などのより重篤な合併症にかかりやすくなります。

かゆみやヒリヒリした感覚は、水虫でよくみられる症状ですが、神経障害がある場合には気づかないことがあります。

水虫をローションまたは非薬用パウダーで治療しないでください。ラミシールクリーム®やラミシール液®のような抗真菌薬で、水虫を治療してください。

水虫に感染しているかどうか不確かな場合は、市販の抗真菌薬で治療を始める前に、主治医に相談してください。神経障害や血管疾患、足変形などがある場合は、特に注意が必要です。

糖尿病患者の方のためのフットケア

糖尿病患者の方は、皮膚の乾燥やひび割れの原因となる、循環器疾患を発症するリスクが高まっています。そのため、真菌が足指の間に入り込みやすくなり、水虫にかかりやすくなります。

糖尿病は神経障害の原因となって、真菌が感染しやすいわずかな皮膚損傷を感じにくくさせます。かゆみやヒリヒリした感覚をはじめとした水虫の症状も、気づきにくくなります。

そのため糖尿病患者の方は、足を毎日確認し、定期的に主治医に相談することを強く推奨します。必要に応じての主治医に皮膚の専門医を紹介してもらい、適切な薬の塗り方の指導をうけることをお勧めします。

ラミシール®製品を見る

予防のためのフットケアのヒント

真菌に感染しないベストな方法は、徹底的に回避することです。

足を健康に保ち、真菌に感染しないための、いくつかの簡単なヒントをご紹介します。

足指の間をはじめ、毎日足を観察します。足裏が見られない場合は、鏡を使うか、誰かに見てもらいましょう。赤い発疹や切り傷、腫れ、水膨れ、ヒリヒリした痛みなど何か異常を感じたら、主治医に相談してください。

綿の清潔な靴下を着用し、足に汗をかいたときは履き替えます。毎日靴を履き替え、前日履いた靴はよく乾燥させます。

特にシャワーやプールサイトなどの湿った共用部分を裸足では歩かないようにしましょう。裸足で歩いた場合には、その後に足を洗うようにしましょう。